>TOP
低温遊離水溶型抽出液について

活性酸素がアレルギー症状を悪化させる!!

東大教授らが、アレルギー症状の悪化の原因に、活性酸素が働いていることを解明。

活性酸素が炎症やアレルギー状を促す仕組みを、一條教授ら科学技術振興機構の研究グループがマウスの実験で突き止めました。

活性酸素が、ある酵素に作用して、炎症がひどくなるとの事です。活性酸素の発生を抑えたり、酵素の働きを妨げたりするクスリを開発できれば、アレルギーや自己免疫疾患の新たな治療法につながりそうだと結論付けています。(すでに私達の手元にあるのですが・・・)

 人などの細胞内にあるリン酸化酵素「ASK1」は、細胞内でタンパク質と結合している。ある種のウィルスや細菌に感染すると、体内に活性酸素が発生し、結合を切り離します。分離が引き金になってASK1の働きが活発になり、炎症やアレルギーを引き起こす「炎症性サイトカイン」という免疫防御の物質が血液中に沢山作り出されることが分かりました。

 遺伝子操作でASK1を無くしたマウスと通常のマウスに対して、人為的に活性酸素を発生させて実験を行った。ASK1を無くしたマウスは、通常のマウスより炎症性サイトカインの量が半減した。

これにより、アレルギーによる炎症が軽くなったとのことです。

【活性酸素の働きを抑える工夫が大切です。】

幸いにも私達は活性酸素の働きを除去してくれる低温遊離水溶型抽出液が身近にあり、これで活性酸素の有害な働きから、想像以上に守られます。

アトピーや花粉症などもアレルギー性疾患で自己免疫障害によるものですが、低温遊離水溶型抽出液をご利用になる方より、花粉症が改善したり、アトピー症状が激減したとのご報告を頂いています。

このニュースは、皆様の体験談を裏付けるような研究結果であり、確信を得た次第です。

低温遊離水溶型抽出液は抗酸化物質の働きをファイトケミカルより得ています。含有するイノシトールやGABAなどが脳神経の働きを活発にし、フラボノイド類や植物酵素の働き、強力な抗酸化作用のあるプロアンソシアニジンなどを応援し、活性酸素をやっつけてくれます。

以上のことから低温遊離水溶型抽出液は、活性酸素の消去においても大変相性の良い働きをしてくれるのです。

毎日欠かさず低温遊離水溶型抽出液を飲むことで、体質改善、体質強化を促進してくれます。

 

Copyright (C) 2007-2009 Scrummage. All Rights Reserved.