>TOP
低温遊離水溶型抽出液について
耳下腺炎、睾丸炎、膀胱炎

滋賀県のT様のご主人が、お子さんのお多福風邪をもらって、高熱と耳下腺の腫れに悩まされました。奥様の判断で、低温遊離水溶型抽出液を2日間飲まれたところ、見事に熱と腫れが改善されたとのことです。

その間、医師にかからず、クスリも摂らず低温遊離水溶型抽出液のみをお摂りになったとのことです。

以前より低温遊離水溶型抽出液は、風邪の改善にも有効であることは判っていたのですが、これほど「耳下腺炎」に有効に働くとは凄いですね・・・。

成人男性が耳下腺炎に罹患するケースが多くなっているようです。ハシカも同様に成人の罹患者が増えていますから、日頃より低温遊離水溶型抽出液で免疫力のアップを心がけてください。

耳下腺炎は、特に男性には要注意です。 耳下腺炎睾丸炎は耳下腺の腫れと同時に睾丸炎になる場合があります。テストステロンの低下によって男性不妊症を招くこともありますから、男性には要注意と言えます。 耳下腺炎でお腹が痛くなれば、膵臓炎を疑う必要があるようです。

お多福風邪のウィルスは「ムンプスウィルス」と呼ばれるモノですが、急性の睾丸炎は大腸菌・ブドウ球菌・連鎖球菌などが原因で発症すると言われています。

低温遊離水溶型抽出液は共に、これらのウィルスに有効に働くようです。 風邪に罹りやすい季節が続きますから、低温遊離水溶型抽出液は手放せません。

「風邪かな・・?」と思われたら、低温遊離水溶型抽出液を早いめにお摂り頂くことで快癒に向かいます。 低温遊離水溶型抽出液は健康食品ですが、常備薬のような働きをしてくれます。 再び膀胱炎の改善報告が届きました。 T様からの報告で、いろいろな症状にご利用いただいておられることが判ってきました。

今回取り上げた「膀胱炎」改善のケースですが、向日市の女性より新たに改善報告例が寄せられました。 ご本人(女性)も膀胱炎をご認識されていたのですが、ご家族が低温遊離水溶型抽出液を至急に飲むよう奨められたところ、数時間の後に痛みがなくなったとの体験をされました。

膀胱炎でお悩みの女性は大変多く、慢性化すると腎臓障害を起こすことにも成りかねません。 軽いうちに対処することで、快癒の時間もその後の経過も良好となります。 抗生物質の常用は体調を崩す事にもつながりますから、こんな時低温遊離水溶型抽出液が威力を発揮します。 常備されることで、不意の時に役立ってくれるのが低温遊離水溶型抽出液です。

 
Copyright (C) 2007-2009 Scrummage. All Rights Reserved.