>TOP
低温遊離水溶型抽出液について

運動して乳癌を予防・・・・

運動量の増加により、たとえそれが若いときでなく遅く始めたものであっても女性の乳癌リスクが20パーセント減ることが、 米国ワシントン州シアトル市にあるフレッド・ハッチンソン癌リサーチ・センター で行われた研究から明らかになった。 この研究結果は、乳癌を予防するに運動し始めることは決して遅すぎないことを示唆しています。

ところで、規則的な運動が乳癌のリスクを減らすことは知られていた。 しかしながら、特定の運動タイプや運動量や運動を始めるタイミングの乳癌防止に対する効果はよく知られていなかったとのこと。

現在と過去のレクリエーション的運動(ジョギング、水泳、自転車に乗ること、散歩、エアロビクス、ゴルフ)と月経閉止後の女性の乳癌の発症率との関連性を調査するために、フレッド・ハッチンソン癌リサーチ・センターの研究者達は1993年から1998年を通して40の病院センターから募集した女性74,171人(年齢50-79)を調査しました。

女性達は18歳、35歳 、50歳のときの運動タイプと運動量に関する質問に答え、また現在の運動タイプとその運動量に関する質問にも答えた。乳癌の発症率について女性達は平均して4.7年間追跡調査された。その追跡期間中に、1,780人が乳癌を発症したことが発見された。 運動しない女性と比較して、35歳と50歳の年齢において定期的に 激しい運動をした女性は、乳癌のリスクがそれぞれ14%、11%減少したことが判りました。

さらに、現在の全体の運動量の増加が乳癌リスクの減少に関連していることが発見され、例えば、週に1.25時間から2.5時間の活発な歩行に相当する運動をした女性は乳癌のリスクが18%減少し、他方週に10時間の活発な歩行に相当する運動をした女性は22%乳癌のリスクが減少したのです。

しかしながら、乳癌に対する運動の予防効果は体格指数が30以上の肥満の女性ではみられなかった。

この研究結果から得られた良いニュースは、更年期症状をコントロールするためにホルモン補充療法を使っている女性は毎日運動することで乳癌のリスクを減らすことができるということのようです。

 

【低温遊離水溶型抽出液は大豆と緑豆の成分によって、乳癌のリスクを軽減してくれます。】

イソフラボン等のファイトケミカルは、蛋白質の変性を抑制したり、腫瘍の発生を抑えてくれる働きがあります。又女性を悩ます更年期の諸症状にもエストロゲン様作用が働き、この為体調不良やアレルギー体質を根本的に改善してくれます。

長期にご使用いただくことで、カラダが本来持っている免疫の最適化現象をもたらしてくれます。

 
Copyright (C) 2007-2009 Scrummage. All Rights Reserved.