>TOP
低温遊離水溶型抽出液について
子宮内膜症の原因、アレルギー反応の可能性

若い女性に多く、患者が100万人にのぼるといわれる「子宮内膜症」の原因が、アレルギー反応である可能性が高いことが、栃木臨床病理研究所長の菅又昌雄医師らの研究でわかった。  

気管支ぜんそくなどの治療に使われる抗アレルギー薬を飲んだ患者の多くは、症状が改善された。菅又医師は「予防薬としても有望」としており、12日から福岡市で開かれる日本産科婦人科学会で発表する。  

子宮内膜症は、受精卵が着床するマットの役割をする内膜が、子宮以外の場所にできる病気で、原因がはっきりわかっていない。下腹部に慢性的な痛みが出るほか、不妊症の一因になるとされる。  

現在は、子宮や卵巣の摘出以外に完治する方法はなく、ホルモンを使った薬物療法にも副作用が多かった。  

菅又医師らは、病気になった組織にアレルギー反応の中心的役割を果たす細胞があり、炎症を起こす物質を出していることを確認。大森赤十字病院(東京都大田区)で抗アレルギー薬を、子宮内膜症の患者10人に約2か月間飲んでもらったところ、細胞レベルでアレルギー反応が減り、腹腔(ふっくう)鏡を使った治療が簡単になった。  

自治医大付属大宮医療センター(さいたま市)でも、抗アレルギー薬を飲んだ患者16人の半数以上が、「鎮痛剤を使う回数が半分以下に減った」と答えるなどの効果が見られた。(読売新聞)

低温遊離水溶型抽出液にはアレルギー体質を根本的に改善する働きがあります。

長期にご使用いただくことで、大豆や緑豆に含まれるフラボノイド系のファイトケミカルによって、アレルギー反応で起こるとされる「子宮内膜症」の体質を根本的に改善することが可能です。

多くの女性がこの病気で苦しんでおられるようですが、的確な療法が見当たらないのが現状のようで、各種のホルモン療法が取り入れられています。この症状が長引くと子宮筋腫や子宮ガン、乳癌などのリスクも高くなりますから、症状の軽いうちに何らかの処置をお勧めします。

ただしホルモン療法などでは副作用が問題になりますが、低温遊離水溶型抽出液には副作用がなく、安心してご使用頂けます。 またこの「子宮内膜症」の改善では、波動修正法によっても効果を上げておられますから、代替療法としてご採用になることもお勧めします。

 
Copyright (C) 2007-2009 Scrummage. All Rights Reserved.