>TOP
低温遊離水溶型抽出液について

サクランボを食べて痛風を予防!!!

サクランボの季節ですが、サクランボを食べると健康な女性の血漿尿酸レベルが下がることが明らかになったとのことです。

このことはサクランボが痛風の予防に役立つ可能性を示しています。

痛風は若干の関節((ひざや足首など)において突然ひどい痛みを起こさせる一種の関節炎ですが、 痛風は関節の軟骨にナトリウム尿酸塩の結晶が異常に沈着して生じることが知られています。

痛風の人は一般に血漿尿酸 レベルが高い(しかし痛風がない人でも同じく血漿尿酸レベルが高いことがある)。

サクランボやサクランボを含んだ食べ物が関節炎の痛みや痛風を軽減すると報告されています。 しかしながら、そのような効果の生化学的な根拠は(まだ)よく調査されていませんでした。

2002年5月米国カリフォルニア大学デイビス校の研究者達はサクランボ消費の生理学的効果を評価するために健康な女性10人(年齢22-40)の血漿尿酸量、 抗酸化剤(ビタミンC)量、そして炎症のマーカー(C反応性タンパク質と一酸化窒素)量を測定しました。

この研究では、女性たちはある夜絶食した後にサクランボ(Bing sweet cherries)280g(およそ45ケ)を翌朝食べた。 研究者達はサクランボを食べる前、そして食べて1.5時間後、3時間後 、そして5時間後に尿と血液中の尿酸量、抗酸化剤量、そして炎症のマーカー量を測定しました。

生化学的な(HPLC)分析によって、サクランボの総フェノール成分(抗酸化剤)の42%が水酸化桂皮酸塩(hydroxycinnamates)で23%がアントシアニン(anthocyanins)であることが発見され、 驚いたことに、酸化したビタミンCだけがサクランボで発見された。

サクランボを食べた後に、被験者たちの血漿尿酸レベルが5時間にわたって際立って減少した。そのことはサクランボが抗痛風の特性を持っていることを示しているようです。

興味深い事に、以前のデータからブドウやイチゴやキーウィフルーツ のような他の果実は尿酸 レベルを下げることができなく、従ってサクランボと同じような抗痛風の特性を持っていないことが分かったとのことです。

研究者達は同じくサクランボが炎症のマーカーレベルを下げたことを発見しました。

この結果はサクランボのある化合物(恐らく抗酸化物質)が関節の炎症を抑制することを示唆しているようです。

研究者達はどのようにサクランボが尿酸レベルを下げるのか正確には分からないけれども、腎臓の糸球体ろ過速度を増やすことによって、そして(あるいは)腎臓尿細維管束の再吸収を減らすことによって、サクランボがこの効果を及ぼすものと推測しています。

 

低温遊離水溶型抽出液をご使用になることで、尿酸値が低下し、通風の症状を回復された方がおられます。

低温遊離水溶型抽出液が血液をキレイにすることは以前より確認されていますが、良質の血液にすることで腎臓や肝臓などの各臓器の働きが活発になるためとも考えられます。

血小板を増やしたり、中性脂肪を減らすことも体験談でご報告がありますから、今後とも「癒の精」をご愛用いただきますようお願い致します。

 

低温遊離水溶型抽出液は、
水虫の患部に刷り込むことで一層効果を発揮します

低温遊離水溶型抽出液を、水虫の患部に塗ることで軽度の水虫を克服された方がありました。

指の間に水泡のようなものが出来、周囲の皮膚が剥けて広がりそうだったとのことです。液を塗布する方法をお伝えしていましたが、アドバイス通りに実行された甲斐あって、簡単に治ったとのことです。

お腹の中でも同様のことが起こっていると考えれば、低温遊離水溶型抽出液が頼もしく思えてきますね・・・。

Copyright (C) 2007-2009 Scrummage. All Rights Reserved.