活水器の条件とνG7(グレースセブン)ウォーターの検証
活水器には、次の3つの条件が求められる。
@ 油を溶かす力(界面活性力=油脂分散性)
   条件:原水と比較して1.5倍(+50%)以上は向上すること。
 油を溶かす力の高い水でお米を研ぐと、米糠油が存在しても水がお米の組織によく浸透するので、美味しいご飯が炊ける。ご飯の65%は水であるので、ご飯の美味しさはお米の吸水量で決まる。
  豆腐は大豆から作るが、大豆には大豆油が含まれるため、油を溶かす力の高い水であれば均一な豆乳になって美味しい豆腐になる。絹ごし豆腐は90%、木綿ごし豆腐は87%が水分であるので、豆腐の美味しさは原料水の質で決まる。
  油を溶かす力の高い水で淹れたコーヒーには、油が浮かない。コーヒー豆にはコーヒー油が含まれる。
  PCBやダイオキシンなどの毒物は、体内の脂肪組織に蓄積されるが、こうした毒物を洗い流すためには、油を溶かす力の高い水が適している。ゆえに、このような水は健康によい水といえる。
A 酵素活性(SOD=スーパーオキサイド・ジスムターゼ=活性酵素を消去する酵素の力)
  条件:原水と比較して10%以上は向上すること。 人間の体内には、あらゆる病気の引き金となる活性酸素に対する防御系として、SODの他に多数の酵素が存在しているが、これらの酵素の力を向上させる水が健康によい水であり、体内酵素の力を低下させる水、例えば水道水は健康に悪い水となる。
B 水分子クラスター
   条件:原水と比較して10%以上小さい方に変化すること。
  お湯と水を比較した時、お湯の方が油をよく溶かす理由は、熱エネルギーによって水分子クラスターが小さくなったからである。温室でも水分子クラスターが小さいと表面張力が低下し、油と混じるようになる。こうした水は、浸透性も高い。

詳細は、松下和弘・朝倉一善共著:「水で健康になる」実業之日本社刊を参照されたい。
νG7通過水は、上記の3条件を満たしているので、νG7の性能は高いと評価できる。
@
油を溶かす力は、原水と比較して2倍(+100%)以上になっている。
A
酵素活性(SOD活性)は、原水と比較して30%以上向上している。
B
水分子クラスターは、原水に比較して10%以上小さくなっている。
以上は、水の博士である松下和弘博士にνG7(グレースセブン)水について測定検証して頂いたコメントである。
左にメニューがない場合こちらからトップページへ進んで下さい。>>GO